ペニス増大トレーニング

男性の多くが、今よりも立派なペニスになれることを願っています。

特にペニスのサイズが標準よりも小さい場合は、そのことがコンプレックスになり、悩んでいることも多くあります。

やはりペニスが大きい方が、何に対しても自信を持つことができますし、女性との性行為の際にもあります性的な満足を与えられると男は考えます。

女性のすべてがそうとは限りませんし、愛称もありますが、男としてはプライドの問題でもあるのです。

そのため、ペニス増大を目指したいと考えている男性は多くいますが、手術をして増大したいとはあまり思いません。

やはり男性の一番大切な部分にヒアルロン酸を注入したり、メスを入れることは、性感帯を傷つけて感度が下がったり、形が変になってしまうなどの怖さや心配があるからです。

そこで、手術以外の方法でペニス増大を目指せるもののひとつに、チントレと言われるペニスのトレーニングがあります。

チントレには主に2つの方法があります。ひとつは亀頭部分の増大を目指すミルキング法で、もうひとつは亀頭増大とペニスを長くすることを目指すジェルキング法です。

具体的にミルキング法は、牛の乳絞りの要領で、ペニスの竿の部分にたまった血液を、亀頭部分に送り込むトレーニングです。

ペニスの長さには満足しているものの、先の方が細くなっていることに不満がある場合に用いる方法となります。一方のジェルキング法は、ペニスを前方に引っ張りながら血液を亀頭部分に送り込むトレーニングになります。

ペニス全体が短く、太さも欲しいという場合に用いる方法になります。

このようなチントレがなぜペニス増大につながるかというと、まず通常の勃起よりも多くの血が、亀頭に流れ込みます。

そして亀頭の毛細血管の先まで大量の血液が流れることで、海綿体全体が膨張します。その膨張した大きさを身体が覚えているうちに、成長ホルモンが流れ込むことで、亀頭が増大するという仕組みになるのです。

つまり、チントレはペニス増大のきっかけを与えることになり、そこに成長ホルモンが充填されることでサイズアップが実現できるというものなのです。

成長期にこのトレーニングを行うことで、大人の身体に成長する過程でペニスも成長しますが、さらに大きくなる効果が期待できます。

ただし、成長ホルモンの分泌は、20代の後半から一気に減少していきます。

そのため、成長ホルモンの分泌が減少している場合は、生活環境を見直し、栄養バランスの良い食事を摂取することや睡眠をしっかりとるなどの努力が必要となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする